台風が通り過ぎて季節が入れ替わるかと思いきや、

なかなかどうして、そう上手くはいかないみたいです。

笛吹市春日居の山間では、頭の上では蝉が鳴いているのに、

足元では秋の虫の音が聞こえている。そんな彼岸の入りです。

真っ赤な炎のようなヒガンバナが咲いている水場では、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妖しいほどの赤ですね。

秋の色はやはり赤なのでしょうか?

赤とんぼも真っ赤に染まって来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはショウジョウトンボかな?!

よく観ることが出来る、赤とんぼ総登場の趣きですが、

一番赤く、それも全身真っ赤なショウジョウトンボはアカネ属ではなく、

よく見るシオカラトンボに近いんだそうです。だから名前にアカネって付いてないんですね。

日当たりの良い場所にはヒナバッタがピョンピョン跳ねています。

あっピンクのバッタがいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヒナバッタの色素異常個体。突然変異らしいですが…

鮮やかなピンクですね。以前NHKニュースでも取り上げられたことが、あるようです。

私がここで見るのは三年ぶり、二度目です。

珍しいですね。

バッタは他にはお馴染みショウリョウバッタ。そしてクルマバッタモドキが居ました。

アシグロツユムシ見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の音を奏でる虫達は、声は聞こえども姿はなかなか見つけられませんね。

アゲハチョウが吸水に現れました。ジャノメチョウを見かけましたが、

いずれも羽がボロボロ。こんなところにも秋を感じますね。

見かけない蝶だなっと思ったら、メスグロヒョウモンのメスでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メスグロヒョウモンは名前の通り、

ヒョウモンチョウの仲間で唯一、メスがオスと全く違った姿をしています。

オスは普通にヒョウモンなのに不思議です。

このメスグロヒョウモンも、かなり草臥れている様子。

それぞれに、それぞれの季節の変り目を迎えるのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_furusato0411_001
  2. 2016momo_togenkyou0411_001
  3. 20160412maemada_06
ページ上部へ戻る