21日は一年で一番夜が長い日、冬至でした。

寒さはここからが本番ですね。

どんよりと曇った雨模様(撮影日は22日)の金川の森でしたが、

冬の顔が揃ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツグミ

代表的な冬の渡り鳥ツグミ。

そして仲間のシロハラとアカハラも姿を見せました。

このシロハラはまだ痩せてスリムですね。到着したばかりなのでしょうか!?

アカハラは藪の中から出てこなくて見難くすみません。お腹の赤いのがかろうじて分かりますか?!

私はこの三羽をツグミ三兄弟と呼んでいますが、皆シーズン後半になると、警戒心も薄れて観やすくなります。

ツグミ

梢の高みには、カワラヒワが止まっていました。

冬になると群れが大きくなり、何種類かの鳥が混じっていたりするのですが、マヒワはいないようでした。

ただ、右上の画像の右端の鳥が、もしかしたらベニマシコかもしれません。

また探して見たいと思います。

いつもの面子。エナガ、コゲラと一緒にシジュウカラも群れで飛び回っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉の中にいる昆虫を食べています。

厳しい季節を生き抜くのは虫も鳥も大変ですね。

 

冬鳥ではありませんが、キジバトも心なしかのんびりしてるように見えます。

シメやイカルは落ち着いて来た感じ。

葉が殆ど落ちましたから、梢の上の鳥も観やすくなりました。

冬枯れた藪をガサガサ鳴らして、ウグイスが地鳴きをしながら移動して行きます。

師走にしては暖かいのでガビチョウが囀りだしていました。

そんな河原の藪に目を凝らしていましたら、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アオジ来ていました。

今シーズンはまだ観ていなかった、アオジに会えました。

これでほぼ冬の鳥が揃いました。

ルリビタキはここ数年見ていませんが、少し里山に入れば観ることが出来ると思います。

笛吹川や平等川に行けば鴨にも会えます。

冬の笛吹市での鳥見。寒いのは辛いですが楽しみも多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 20160412maemada_06
  2. 2016momo_furusato0411_001
  3. 2016momo_togenkyou0411_001
ページ上部へ戻る