この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

立冬も過ぎて、東京では木枯し一号が吹いて

秋を通り越して、初冬となってしまいました。

朝晩の冷え込みも厳しくなりましたね。

小鳥たちは冬になると群れて寒さをしのぎます。

エナガの群れとすれ違いました。

画像はありませんがシジュウカラも混じっていました。

コゲラの幹を叩く音も聞こえました。小鳥たちが混群と呼ばれる

数種が混じった大きな群れをつくるのも、もうすぐですね。

風は強く冷たいですが、陽射しはありました。クヌギの幹にカメムシがいます。

あえて天敵の少ない、この時期を選んで子孫を残そうとしているのでしょうね。

自然の叡智は計り知れないですね。でも・・・

ヨコヅナサシガメに体液を吸われているクヌギカメムシもいました。

みんな生きるのに必死ですね。

ヤブランの実が漆黒に熟れて、宝石の様です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今季は秋が短かったですね。

陽だまりに身を低くして、タンポポが一輪咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さして珍しくはありませんが、

冬をやり過ごしさえすれば、必ず春が来るから。

それまで辛抱しようと、カメムシやタンポポに教えられた気になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 0406_misakajisakurakouen01
  2. 0406_motomiyakotuka05
  3. 2018furusato_momo0405_006
  4. 20180405koyama002
  5. 0404_fujimi11
  6. 0409_kurokoma02
  7. 0410_hanamidai08
  8. 0406_shioda12
  9. 0406_shakado01
  10. 0406_tougenkyou01
ページ上部へ戻る