カテゴリー:旬レポ

  • 一房ずつ丁寧にとります

    醸造用ぶどうも収穫真っ只中!

    山梨県は笛吹市だけでもワイナリーが12社ほどありまして、巨峰、ピオーネ、シャインマスカット、甲斐路などの生食用とは別に醸造品種も多数栽培されております。白ワイン用では既にデラウェアやシャルドネ、赤ワインではベーリーA種な…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • radio_ts04

    笛吹をみがこうプロジェクト「ラジオ体操を学ぼう」

    のびのび元気に、いち・に・さん! NHK夏期巡回ラジオ体操が笛吹市にやってきます!! 子供の頃、夏休みといえば「ラジオ体操」か「夏休みの友」か、と言うくらい、夏休みの定番プログラムですが、ナント、NHK夏期巡…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 20150628ukai_hbk03

    山梨県立博物館・徒歩鵜(かちう)実演

    2015年5 月30日から7月6日まで山梨県立博物館にて開催中のシンボル展「鵜飼 ―甲斐の川漁と鵜飼をめぐる伝説―」をうけ、6 月28日、笛吹川石和鵜飼保存会による徒歩鵜(かちう)の実演が、博物館エントランス横の池を利用…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日産セドリック1900はクリフカットのフロント

    第5回石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2015

    第5回石和温泉郷クラシックカーフェスティバル2015が、6月27日、28日と二日間の日程で、笛吹市石和町スコレーセンターにて開催されました。旧車、名車、スーパーカー、クラシックカー、そして懐かしいオートバイやカーイベン…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • kachiu_bnr_01

    笛吹市・石和鵜飼伝説と「徒歩鵜」

    山梨県笛吹市の中心を流れる笛吹川。その笛吹川に伝わる鵜飼伝説と共に、鵜匠が川に入って鵜を操り漁を行う鵜飼「徒歩鵜」(かちう)を後世に伝えるため、また、夏の風物詩として 定着させるため、昭和51年に漁業協同組合の協力を得て…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ninomiya_tutuji_03

    今が見頃!笛吹市の「山梨岡神社藤の花」と「二之宮つつじの花」

    桃の花の見頃も今シーズンは終了はしましたが、本日は笛吹市内から二つの花が見頃を迎えているのでお伝えします。 ひとつは、春日居町鎮目の山梨岡神社のフジの花。笛吹市の天然記念物にも指定されている山梨岡神社のフジは、通常…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 甲州蚕影桜(こうしゅうこかげざくら)

    桃と桜とリニアの共演「桃源郷春まつり」八代メイン会場初日をレポート!

    桃源郷春まつりのメイン会場となる八代町ふるさと公園の初日の様子を取材してきました。 会場駐車場付近へ到着すると、まずは運良くリニア実験線を走るリニアを写真に納めることができました。というのも実はこの時、メイン会場初…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • スクリーンショット 2015-03-28 16.19.48

    第3回「笛吹をみがこうプロジェクト」が実施されました

    3月28日(土曜日)桜の花咲く石和温泉駅前を中心に、第3回「笛吹をみがこうプロジェクト」が、市内各ボランティアグループ、高校生ボランティア、個人参加のもと、実施されました。笛吹をみがこうプロジェクトは、昨年の「市民まつり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mizubashomaturi_02

    日本一早い開花!?さかいがわミズバショウ春まつり

    3月29日、境川町にある藤垈の滝大窪いやしの杜公園にて毎年恒例の「さかいがわミズバショウ春まつり」が開催されました。 どこよりもいち早く水芭蕉の満開の様子を見ることのできる場所とあって、年々来場される方も増え続けて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0214housemomo_05

    日本一早い桃のお花見

    早くも今年も笛吹市にお花見の時期がやってきました! 昨年は大雪でのハウス倒壊の影響で開催が遅れてしまいましたが、今年は天候も良く日本一早いお花見を待ち望んだお客さまをお待たせすることなく開催することが出来ま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

桃の開花情報

  1. 2016momo_koumori0411_004
  2. 2016momo_togenkyou0411_001
  3. 2016momo_narabara0415_001
  4. 20160412maemada_06
ページ上部へ戻る