武田二十四将 — 信玄を支えた家臣たちの姿 —

この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

 山梨県立博物館・開館十周年記念特別展

武田二十四将  — 信玄を支えた家臣たちの姿 —

笛吹市御坂町にあります山梨県立博物館では、2016年3月19日(土曜日)より5月23日(月曜日)までの期間にて、開館十周年記念特別展として、武田二十四将  — 信玄を支えた家臣たちの姿 —が開催されます。二十四将の中には、現在放映中のNHK大河ドラマ「真田丸」でも話題の、戦国の世を巧みに生き抜いた真田家や多くの家臣たちの姿があります。ぜひ、桃のお花見にお越しの際にお立ち寄りいただき、また博物館よりすぐ近くの笛吹川河川敷にて行われます、4月17日開催・川中島合戦戦国絵巻もご覧いただけますようご案内いたします。

二十四将展

以下、山梨県立博物館HPよりの抜粋となります。
仕切り線
 甲斐国から全国有数の戦国大名に成長した武田氏。その発展は武田信玄の力だけではなく、多くの家臣の活躍によって実現しました。本展では、信玄を支えた家臣として著名な「武田二十四将」を中心に、彼らの古文書、武具や肖像などの関連資料をとおして、その実像に迫ります。また彼らの子孫が江戸時代以降にどのような活動をしていたのかもあわせて紹介します。
仕切り線
 概要     展示構成と主な資料     関連イベント  
仕切り線

■期間
平成28年3月19日(土曜)から5月23日(月曜)
■時間
午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
■休館日
火曜日
■観覧料

通常料金 団体割引料金
(20名以上)
宿泊者割引
常設・企画展
共通券
一般 1000円 840円 1260円
大学生 500円 420円 590円

※次の方は特別展の観覧料が免除となります。
・山梨県内ご在住の65歳以上の方
・小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童・生徒
・障害者の方(およびその介護をされる方)
※宿泊者割引は、県内のホテルや旅館等に当日か前日に宿泊される方を対象とした割引料金です。
※無料、 割引料金の対象となる方はそれぞれ証明できるものをご提示ください。
定期観覧券(年間パスポート)もどうぞご利用ください。

■主催:山梨県立博物館

 


■展示構成と主な資料

二十四将 武田二十四将図 (当館蔵)

※期間中、展示替えを行います。

甲冑 山本勘助の子孫所有の甲冑(個人蔵)
陣立書 武田信玄陣立書 (当館蔵)
長篠合戦図屏風 長篠合戦図屏風(下絵) 第7幅(部分) (東京国立博物館所蔵)

※期間中、展示替えを行います。

書状 上杉弾正少弼充 武田信豊書状 (米沢市上杉博物館所蔵)

※期間中、展示替えを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 0410_hanamidai08
  2. 0406_shioda12
  3. 0410_tokurajuro01
  4. 0406_misakajisakurakouen01
  5. 0406_motomiyakotuka05
  6. 0406_shakado01
  7. 0404_fujimi11
  8. 0409_narabara07
  9. 20180405koyama002
  10. 2018furusato_momo0405_006
ページ上部へ戻る