2022年 すずらんの開花情報 第1回

山梨県笛吹市芦川町の白樺の森に群生する「日本すずらん」。ニホンスズランは別名君影草とも呼ばれており西洋すずらんと比べてとても小さく、ひっそりと葉の陰に隠れるように可愛らしく咲く花です。

本日(4月22日撮影)は、このすずらん群生地を起点に運行している浸透峠の「富士山ツインテラス」に設置されている「新道峠からみる富士山ライブカメラ」の復旧のため足を運びましたので合わせてすずらんの開花状況を確認してきました。

現在のすずらんは、まだ芽もでていないような状況で白樺の木が凛と佇む静かな雰囲気となっています。

すずらん群生地付近は現在、電気や林道の整備が大きくすすみ駐車場も綺麗になったため非常に訪れやすくなっています。これだけ険しい場所には珍しくすずらんが咲く頃には水洗トイレも使えるようになるので女性にも優しい場所となっています。

例年開催される「すずらんの里まつり」も新型コロナウィルスの影響で状況はわかりませんが、ぜひ開催されることを期待したいとおもいます。

関連記事

ももの開花情報 観察MAP

ページ上部へ戻る