八田家書院紅葉情報(11月22日)


朝晩の冷え込みが増し、徐々に冬の気配がしてきたなと思っていましたが、今日は11月とは思えないほど温かいですね。

ちょうど見頃をむかえている八田家書院の紅葉ですが、きれいな紅葉の絨毯も出来初め、水路にも落ち葉が目立ちます。見頃は今月末までかと思います。

紅葉の代表と言えば「もみじ」ですね。みなさんは「もみじ」をどうして「紅葉」と書くのか知っていますか?

「もみじ」とは、「もみつ」という単語が変化してできた言葉だそうです。

「もみつ」とは「揉む」という言葉の中の一つであり意味としては「揉み出す」という意味らしいです。これは、木々が色づくことを、もともとは秋の寒さや秋口の霜、または朝晩の冷え込みなどによって、緑色の葉から、赤や黄色の色の葉を「揉み出す」というように考えられていたからです。もちろん、科学の無い時代の話ですから、「揉む」のは「山の神々」の行為。ということみたいですが・・・

 赤く染まる紅葉もあれば、黄色く染まる黄葉も同じように「もみじ」といいましたが、今は、紅葉をもみじの代名詞としているのが一般的になっていますね。

余談がありましたが、自然が織り成すこの時期にしか見られない特別な八田家書院。太陽がもみじやイチョウを照らし、赤や黄色をより艶やかにみせる様子は当然美しいですが、日が暮れるのが早くなった今だからこそ、夕焼けと紅葉とのコントラストもまた美しいです。

ぜひ、みなさんのお気に入りの「秋の書院」を見つけに八田家書院にお越し下さい。お待ちしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_koumori0411_004
  2. 2016momo_narabara0415_001
  3. 2016momo_togenkyou0411_001
  4. 20160412maemada_06
  5. 2016momo_furusato0411_001
ページ上部へ戻る