鵜飼 -甲斐の川漁と鵜飼をめぐる伝説-

この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

山梨県立博物館・シンボル展
鵜飼-甲斐の川漁と鵜飼をめぐる伝説-

石和温泉の夏の風物詩として親しまれている鵜飼。水中に潜って素早く魚を獲る鵜の習性を活かした鵜飼漁は、人々に身近な漁法として大変長い歴史があります。甲斐国でも謡曲「鵜飼」や、日蓮聖人による鵜飼の亡霊供養の伝説が作られるなど、鵜飼にまつわる独特の文化が形成されてきました。
本展では、甲斐国における生業としての鵜飼をはじめとする川漁の歴史と、謡曲「鵜飼」など甲斐の鵜飼にまつわる伝説、そして現在も石和の地で受け継がれる鵜飼の文化を紹介します。

PDFパンフレットデータは下画像をクリックしてください

2015hakubukan_ukaip1

■期間
 平成27年5月30日(土曜)~7月6日(月曜)
 
■時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

■主催
 山梨県立博物館

■後援
 笛吹市、笛吹市教育委員会

■協力
 笛吹川石和鵜飼保存会、鵜飼山遠妙寺■観覧料
 常設展観覧料でご観覧になれます。

■常設展観覧料
通常料金
団体割引料金(20名以上)
宿泊者割引
一般
510円
420円
大学生
210円
170円

  ※次の方は観覧料が免除となります。
  ・65歳以上の方
  ・小学校、中学校、高等学校、特別支援学校の児童・生徒
  ・障害者基本法第2条に規定する障害者の方、及びその介護をされる方
  ※宿泊者割引は、県内のホテルや旅館等に当日か前日に宿泊される方を対象とした
割引料金です。
  ※無料、 割引料金の対象となる方はそれぞれ証明できるものをご提示ください。
  定期観覧券(年間パスポート)もどうぞご利用ください。

詳細は下記まで

山梨県立博物館

 〒406-0801 山梨県笛吹市御坂町成田1501-1
電話:055-261-2631、FAX:055-261-2632

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 20160412maemada_06
  2. 2016momo_koumori0411_004
  3. 2016momo_togenkyou0411_001
ページ上部へ戻る