日本一早いハウス桃宴 開所式

この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

今年も「日本一早いハウス桃宴」の開所式が石和町の河野幸雄さんのハウス桃宴で行われました。

例年だと2〜3部咲き位になりますが、今年は暖冬の影響で休眠時間がとれずハウスの加湿開始が遅れたためギリギリの開花となってしまいました。

暖冬だと暖かいから育成が進むと思いがちですが、落葉果樹は休眠時間が必要で7.2℃以下の温度の蓄積時間が900〜1000時間必要で、早く加湿を始めても開花までに非常に日数がかかるそうです。

開所式では、倉嶋市長をはじめ関係各位の方々が今年も無事ハウス桃宴の開花を迎えられたことをお祝いに訪れました。

例年通り、琴の演奏やお茶の披露なども行われ一般の来園者の方々もハウス桃宴の雰囲気を楽しんでいる様子です。

河野さんのハウス桃宴は1週間後くらいからが見頃となるそうで、今年もJAふえふき(TEL:055-262-3853)へ問い合せすれば、河野さんのハウス桃宴をはじめ市内5箇所のハウス桃宴の中から最適な桃宴をご案内するとのことです。

桃の花は最初は薄いピンク色から始まり、花粉が飛ぶと徐々に赤みが濃くなっていきます。何度か来園しその移り変わりを観察するのも面白いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

旬レポ 新着記事

桃の開花情報

  1. 2016momo_furusato0411_001
  2. 2016momo_togenkyou0411_001
  3. 2016momo_koumori0411_004
  4. 20160412maemada_06
ページ上部へ戻る