師走に入って樹々の葉もすっかり落ちてしまいました。

金川の森の遊歩道も、所によっては踝まで埋まってしまう程です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

紅葉は散ってしまいましたが、広葉樹の茶色・黄金色も捨てたものではないと思います。

お陰でバードウォッチングには、良い季節となりました。

イカルが群れて餌を採っています。ツグミも随分と数が増えました。

エナガ、シジュウカラ、カワラヒワといった小鳥も見つけやすくなりました。

枝葉が透いたことでカラスの巣が丸見えになりました。

観察してみると、色とりどりの針金ハンガーが使われています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉄筋入りで強度も充分ですね。

花は無くなってしまいましたが、果実が目を楽しませてくれますね。

何と言っても目立つのはツルウメモドキ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実が熟してから、こんなに生えていたんだと驚きます。

そしてノイバラにヘクソカズラ。

ヒヨドリジョウゴのジョウゴは、泣き上戸、笑い上戸など酔った様子に付けるあのジョウゴ。

群れて啄む様子が、酔っているかのように見えるからだとか。

ヌルデはウルシの仲間ですが、鳥は食べてもかぶれないんですかね?

これはクコですかね?中華料理の食材で薬酒にも出来るとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢山あります。植栽されたのでしょうか?

ボタンヅルやヤクシソウが綿毛になっていました。

改めてヤブランの実をよく観たら、実が落ちた後の茎も紫色なんですね。

今更気付きましたが、花と同じ色で綺麗ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうして新たな季節に向けて、様々な種子が広がっていくんですね。

冬になったばかりなのに、春が待ち遠しくなってしまいますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_furusato0411_001
  2. 2016momo_koumori0411_004
  3. 2016momo_togenkyou0411_001
  4. 2016momo_narabara0415_001
ページ上部へ戻る