一雨毎に秋が深まって、今年は10月4日が十五夜です。

石和町の河沿いの道路際には、まだツルボが沢山咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツリガネニンジンの花も見えます。

境川の大窪いやしの杜公園では、

ミンミンゼミの苦しげな鳴き声が聞こえていました。

途切れ途切れで断末魔の様です。

ミゾソバが金平糖のような愛らしい花を方方で咲かせています。

脇にはイヌタデや、ハキダメギク。

名前はパッとしませんが、近づいて観ると、これもナカナカどうして趣のある姿形です。

こっちの白っぽいのはサクラタデでしょうか?

細い花といえばミズヒキもまだ咲いています。

そして、こまかい花の代表と言えばキツネノマゴ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キツネノマゴ

キツリフネとツリフネソウも揃って咲いています。

雨上がりだからキノコも出てました。

毒キノコの代表テングタケとカラカサタケ。

カラカサタケは開くと20〜30センチくらいになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ヤブランもすっかり実になっていました。ぁカメムシが付いてる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツノアオカメムシですね。

落葉がヒラヒラ風に煽られて舞っている・・・と思ったら、

クロコノマチョウでした。

この蝶は本当に枯葉によく似ていますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コオロギやヤブキリなどの虫の音が、そこら中から聞こえてきますので、

何とか耳をそばだてて近づき、姿を捉えようとするのですが、

なかなか上手く行きません。が、鳴き声に近づいて行くと決まって・・・

決まってカマキリが居ます。考えることは一緒なのかな?!

そもそもカマキリの耳って何処だろう?調べてみると面白いかもしれません。

鳴き声で餌に近づいているのかな?

栗の毬が落ちていました。実もたくさん溢れています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さすがに持って帰ることはしませんでした。

実りの秋ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_furusato0411_001
  2. 2016momo_togenkyou0411_001
  3. 2016momo_koumori0411_004
ページ上部へ戻る