「山の日」から三連休だったので、旧盆前に帰省された方も多かったのではないでしょうか?

金川の森も、捕虫網と虫カゴを持った親子連れ、

もしくは、おじいちゃんと孫で賑わっていました。

そこで採取を良しとしない当方は、誰も来ない秘密の場所へ。

この日(8/10)は晴れて最高気温が35度を超える猛暑日。

凄い蝉時雨です。聞こえるのはミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ。

ニイニイゼミの姿も見えました。

もちろん、脱殻もたくさん。

運悪く羽化の途中で蟻に集られてしまった、ミンミンゼミの幼虫がありました。

少し凄惨な様子ですが、これも自然のあるべき姿。生きるのに一生懸命なのは蟻も一緒です。

水辺ではシオカラトンボが生命の営み。夏は生命感が溢れる季節ですね。

茂みの中ではオニヤンマが休憩中。

あーアメリカザリガニが顔を出しています。こんな山奥にまで来てるんですね。

誰が持ち込んだのやら・・・悩ましいところであります。

アキノタムラソウが咲いていました。

名前に秋と付いていますが、花はこの時期から咲き始めます。

森の中を探索すると樹液の匂いが漂ってきました。

渓流に近い木に、なにやら大物の予感。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立派なミヤマクワガタです。風格すら感じます。

錆色に光った見事なミヤマクワガタが居ました。

神々しい気さえします。まさに昆虫界の森の主の趣です。

これ以上の出会いはありそうもないのでこの日は撤収です。

 

雨に振り込められた日々が続いて、

辛うじて時折晴れ間が覗いた14日には境川の「大窪いやしの杜公園」に。

やはり捕虫網家族の間隙をぬっての、昆虫パトロールになりましたが、

ようやく樹液が出て、多くの昆虫が集まっているのに出会えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ルリタテハ・カブトムシ♀・カナブン、写っていませんがスズメバチやスミナガシも。

別の木にスミナガシ、クワガタムシの♀が。

ノコギリにしては色が黒いし、ミヤマにしてはアゴが小さい気がするし、コクワにしては大きいし、

クワガタムシのメスの区別は難しいですね。

 

アカガネサルハムシが営みの真っ最中。

水場には疲れきった様子のカラスアゲハが吸水に来ました。

あっノブキが花を付けてますね。

雨が多いからキノコも生えだしましたね。イロガワリですかねぇ。

金川の森にもキノコがニョキニョキ生えだしました。

ただキノコの同定は大変難しく素人に出来るものじゃありません。

キノコが可食か毒キノコかの判断は複数の図鑑で確認するなど、各自の責任において行ってください。

コバギボウシが花の盛り。ツリガネニンジンも咲き始めました。

ガガイモ、ヘクソカズラ、センニンソウとやっと蔦も蔓延り始めました。

オホーツク海の高気圧の勢力が強いとやらで、お盆らしい天候ではありませんが、
少し秋の気配が漂い出しましたね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 20160412maemada_06
  2. 2016momo_koumori0411_004
  3. 2016momo_narabara0415_001
  4. 2016momo_togenkyou0411_001
ページ上部へ戻る