この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

前回、芦川のスズラン群生地でちょっと寂しい想いをしましたので、

もう一度行ってみることにしました。

その前に境川から林道を通って、滝戸山へ寄り道。

登山口にはエゾノタチツボスミレが咲いていました。

幸先良し。っと思ったらオトシブミが居ました。なお良し。

山中はエゾハルゼミが鳴き、ヤマツツジが見頃です。

ツクバネソウやフタリシズカも咲いていました。

ササバギンランは残念ながらツボミ。

この日、盆地では最高気温30℃を越える勢い。

流石に山の上でも汗が流れ落ちます。

涼を求めるように「スズラン群生地」へ移動します。

スズランの状態は開花情報のページを参照いただくとして、

まだイカリソウも残っていました。

マイズルソウはやっと咲き始めましたが、

ササバギンランやクサタチバナはまだ咲いていませんでした。

エゾノタチツボスミレ。ここでは薄紫の花と白花が混生しています。

ベニバナイチヤクソウがありました。

最近はなかなか見かけなかったので、とても貴重なものだと思います。

アサギマダラが一頭、白樺を掠めて飛んで行きました。

追いかけて新道峠まで行ってみましょう。

林道のカーブにラショウモンカズラがたくさん咲いているのが見えました。

ユキザサが咲き出して、ルイヨウボタンやクルマバツクバネソウが咲いていました。

けれど、アサギマダラは見当たりません。

もう一度林道を下りて行くとフアフアと飛ぶ姿が目に入りました。

なにか変な飛び方と思ったら・・・

交尾しながら飛んでいました。これは珍しいものを観せてもらいました。

もう一頭フアフアというよりフラフラと飛んできました。

アサギマダラの好む花が、まだ咲いていないのが気にかかりますが、

長旅をして夏を連れてきたアサギマダラに、まずはご苦労様と言いたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そういえば、ホトトギスの声が聞こえていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 0406_shakado01
  2. 0406_maemada01
  3. 20180407hanatori010
  4. 0406_motomiyakotuka05
  5. 0404_fujimi11
  6. 0406_misakajisakurakouen01
  7. 2018furusato_momo0405_006
  8. 0409_narabara07
  9. 0404_koumorituka04
  10. 0409_kurokoma02
ページ上部へ戻る