この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

暦の上では、すでに秋ですが、まだまだ暑さは厳しく。

また今季は特に大気の状態が不安定なため、

カンカン照りの後に土砂降りの雨が降ることが多く、身体に堪える気候ですね。

山に行くには、少し天気が心配なので、身近な場所への散歩しか出来ませんが、

金川の森にツリガネニンジンやハッカの花が咲いていました。

ハッカはミントとしてお馴染みですね。指で摘むとさわやかな香がします。

キンミズヒキやミズヒキ。ヒヨドリバナもありました。

この季節、つる性植物が旺盛を極め。

河原は中国から来たアレチウリに覆われて無残極まりないですが、

センニンソウ・ボタンヅルやガガイモなどはよく観ると趣がありますね。

センニンソウとボタンヅルは、とても良く似ている上に生えている場所も似ているので、

いつもどちらなのか迷ってしまいます。

葉っぱが違うんですが、花はホントにそっくり。

ガガイモの花はよく観ると細かい毛が沢山ついています。ヒトデみたいですね。

ボタンヅルの撮影をしていたら、セセリ蝶がやって来ました。

他にはミスジチョウが多く飛んでいます。葛の葉の裏にはキタテハいましたよ。

藪の中を覗いたら、ヒカゲチョウがたくさん。雨模様だったので雨宿りでしょうか。

ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)は幼虫が笹や竹類を好むので、笹薮に、こんなにいるんですね。

最近雨が多いので、森の中はキノコだらけ。

ほとんど食用には適さないものですが、色形様々で、

観るだけでも楽しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_narabara0415_001
  2. 2016momo_koumori0411_004
  3. 2016momo_furusato0411_001
  4. 20160412maemada_06
ページ上部へ戻る