この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

お盆も過ぎ、ご先祖様もお帰りになった里山は、

蝉の声で溢れていました。

藤垈の滝はヤブランの花が盛で、

花穂で羽化した脱殻が多く見られました。クマバチも蜜を集めています。

主にアブラゼミとミンミンゼミ。ツクツクボウシの声も聞こえました。

樹液にはスミナガシが来ていました。

スミナガシやオオムラサキは結構強気で、

スズメバチにも負けていません。

裏側に周るとノコギリクワガタもいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

またもやスミナガシ。今度は地面に。

糞は貴重な栄養源ですからね。

あとはヤマキマダラヒカゲや

オオムラサキがいましたが、ずっと高みにいて残念。

湿った地面ではカラスアゲハ…いやオナガアゲハかな。吸水中。

 

今季初見のカブトムシ雄が、これも高い場所にいました。

おやスジグロシロチョウが変わったポーズ。

交尾しようとしていたのかなぁ?

ヤブラン以外の花は、殆ど無く。

ノブキが地味に咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地味だけど、これがなかなかどうして味がありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 20180407hanatori010
  2. 0406_shakado01
  3. 0404_koumorituka04
  4. 2018furusato_momo0405_006
  5. 0406_tougenkyou01
  6. 0406_motomiyakotuka05
  7. 0406_maemada01
  8. 0406_shioda12
  9. 20180405koyama002
  10. 0404_kasugai05
ページ上部へ戻る