この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

夏も近づく八十八夜。

今年は5月1日がそうでした。

言葉通り金川の森では、むせ返るほどのニセアカシアの香に満ちています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

北アメリカ原産で元々は日本になかった樹木なので、

個人的には好ましくないと思っているのですが、

すっかり山野に定着していますね。

養蜂家の方には貴重な蜜源になっているようです。

蜂以外の昆虫もたくさん集まってきますから、

もう日本の生態系に必要なのかもしれませんね。

水場にはキショウブがあふれ華やか。

その足元にはセリが瑞々しい若葉を広げ、

ツボスミレやムラサキサギゴケが愛らしい花を咲かせています。

鈴のようなアマドコロの花が並んでいる様子も、可愛らしいですね。

クサノオウが絨毯のように広がっている場所がありました。

その向こうにはショカッサイの紫。

顔の周りを小虫が飛び回って鬱陶しいですが、

それも生命満ち溢れる嬉しい季節、初夏到来のサインですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 20160412maemada_06
  2. 2016momo_furusato0411_001
  3. 2016momo_togenkyou0411_001
  4. 2016momo_narabara0415_001
ページ上部へ戻る