この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

二十四節気の清明

全てが生き生きと清々しく感じられる頃とのこと

気になっていたカタクリも開き始めました。

カタクリだけでなく、シュンラン(春蘭)も見つけました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まさに清々しい花ですね。

ここではミヤマキケマンやマムシグサも見つけることが出来ました。

場所は変わって、水芭蕉咲く俳句の里では、

ニリンソウが花盛りでした。

ここではムラサキケマンがみっしり咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

よく見る花ですがよく観ると面白い形の花です。

近くでは桜・桃・李・水芭蕉が満開を迎えていますが、

あえて足元のささやかな春を見つめてみるのも一興ですね。

清明とは清浄明潔の略。だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 0406_maemada01
  2. 0410_tokurajuro01
  3. 0406_tougenkyou01
  4. 0406_motomiyakotuka05
  5. 0406_shakado01
  6. 0409_narabara07
  7. 2018furusato_momo0405_006
  8. 0406_misakajisakurakouen01
  9. 20180405koyama002
  10. 0406_shioda12
ページ上部へ戻る