この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

立春も過ぎて、暦の上では春ですが

笛吹市を渡る風は、まだ冷たく花の便りはまだ遠そうです。

そんな寒い時期から一番に花を咲かせるのは、

何と言ってもですね。

 

早咲きの園芸種ではありますが、この寒い時期には貴重な眺めです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南アルプス雪の白と白梅の組み合わせ。2月2日撮影。

花を探して歩いていて、カマキリの卵のうを見つけました。

雪が多い年には高い場所に産み付けると言われますが、確かにそうですね。

低い方も蔓草に産んで、その蔓が外れて落ちてきてしまったようです。

そして足元にはささやかな花が顔を出し始めていました。

ホトケノザ(春の七草のホトケノザとは別種)は、これから暖かくなると、

桃やぶどうの下草として、イヤッていう程咲きますが、

雪の重みから開放されて、ようやく咲き始めました。

ヒメオドリコソウも、道端の雑草と軽く見られがちですが

なかなかどうして、よく観ると端整な創りの花ですね。

みさか桃源郷公演では、日当たりの良い南斜面で

オオイヌノフグリが咲いていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みさか桃源郷公園で2月6日撮影。

こちらも、何処にでもある、しかも、ありがたくない名前を付けられた花ですが

この寒い時期に、陽だまりの存在を伝えてくれる、

ありがたい存在ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事は1年以上前に投稿されており、過去の情報として公開しています。
内容が古く、現在の情報と異なる可能性もありますのでご留意ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

桃の開花情報

  1. 2016momo_togenkyou0411_001
  2. 2016momo_koumori0411_004
  3. 20160412maemada_06
  4. 2016momo_furusato0411_001
  5. 2016momo_narabara0415_001
ページ上部へ戻る